ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2008年05月22日 16時55分 UPDATE

ガンプラ通販「T.J Grosnet」破産手続き開始決定 楽天・ヤフー、代金補償

ガンプラ通販「T.J Grosnet」の民事再生法適用申請が棄却され、破産手続き開始が決まった。ヤフーと楽天は、代金支払い済み商品が届かなかったユーザーに対して補償する。

[ITmedia]

 「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」で、プラモデルやフィギュアなどを販売していたT.J Grosnet(和歌山県)に対し、大阪地裁は5月21日、破産手続きの開始を決定した。破産管財人がT.J GrosnetのWebサイトで明らかにした。

 ヤフーと楽天は、T.J Grosnetの各店舗で代金を支払った商品が届かなかったユーザーに対して、代金を補償する。

 T.J Grosnetは、ガンダムのプラモデルやアニメキャラクターのフィギュアなどのWeb通販で急成長したが、積極的な投資や、業容拡大に伴う在庫負担などで資金繰りが悪化。総額約40億円の負債を抱え、4月15日に民事再生法の適用を和歌山地裁に申し立てたが、23日に棄却された(ガンプラ・フィギュア通販の「T.J Grosnet」が民事再生を申請)。

 「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」の同社店舗で注文した商品が、代金支払い済みにも関わらず届かなかったユーザーに対し、ヤフーと楽天は代金を補償する(プラモ販売「T.J Grosnet」で商品が届かないトラブル ヤフー・楽天「連絡取れない」)。

関連キーワード

倒産 | Yahoo! ショッピング | 楽天市場


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.