ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2012年09月12日 11時10分 公開

ECサイト「Yahoo!バザール」公開へ 個人が出品、固定価格で売買

「Yahoo!バザール」が10月1日にオープン。個人ユーザーが固定価格で商品を売買できるサイトで、「Yahoo!オークション」より簡単に出品でき、「Yahoo!ショッピング」と同じ感覚で購入できるという。

[ITmedia]
画像

 「あなたがお店になる」――ヤフーは9月12日、ECサイト「Yahoo!バザール」を10月1日にオープンすると発表した。個人ユーザーが固定価格で商品を売買できるオンラインショッピングサイトで、「Yahoo!オークション」より簡単に出品でき、「Yahoo!ショッピング」と同じ感覚で購入できるとしている。

 PCとスマートフォン(Web、アプリ)に対応したサービス。出品はYahoo!プレミアム会員のみ可能で、販売価格から手数料9.45%とポイント原資負担1%を引いた価格が出品者の取り分になる。

 購入は、Yahoo!JAPAN IDを持っていれば誰でも可能。商品代金と送料を支払って購入すると、販売価格の1%分の「Yahoo!ポイント」か「Tポイント」がもらえる。決済時にはYahoo!JAPANが料金の支払いを仲介。購入者が商品を受け取ってから出品者に代金が支払われるなど、セキュアにお金のやりとりができる仕組みを工夫した。

 9月12日にティーザーサイトを公開した。10月1日〜11月14日は、手数料無料キャンペーンを開催する。

 出品用のスマートフォンアプリ「Yahoo!バザール出品アプリ(仮)」の提供も予定。商品バーコードを読み取るだけで商品名などの情報が反映されるなど最短30秒で出品できる機能を備え「スマートフォンアプリならではの爆速出品体験を実現する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.