ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2013年01月21日 15時48分 UPDATE

PC→スマホにファイル転送、画面を撮影するだけ 富士通が新技術

富士通研究所は、スマートフォンやタブレットなど携帯端末のカメラでPC画面を撮影するだけで、PCから携帯端末にファイルを転送できる技術を開発した。

[ITmedia]

 富士通研究所は1月21日、スマートフォンやタブレットなど携帯端末のカメラでPC画面を撮影するだけで、PCから携帯端末にファイルを転送できる技術を開発したと発表した。

画像

画像

 IPアドレスやSSIDなどPCを識別するための情報を、PC画面上に重ねる「映像媒介通信技術」を活用。画面上で、人の目には見えない微小な明かりを緩やかに明暗させた信号を表示しており、カメラで撮影するだけで被写体のPCを特定できる。

 画面にどのファイルが表示されているかの特定は、PCにインストールした専用ソフト行う。ソフトはPC画面の最前面に表示されているファイル情報を抽出。携帯端末からファイル転送の要求が届くと、最前面に表示されているファイルを、FTPSなどセキュアな転送プロトコルを利用し、Wi-Fiなど無線ネットワーク経由で転送する。

 PC画面の資料を投影してプレゼンしている最中、参加者が資料をタブレットにダウンロードしたり、自宅で読みかけの資料をスマートフォンに転送して外出先で閲覧するといった用途を想定。PC画面から携帯電話への通信速度を改善し、2014年度中の実用化を目指す。

 同技術は、2月25日〜28日にスペイン・バルセロナで開催される展示会「Mobile World Congress 2013」に出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.