ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2013年02月28日 21時18分 公開

「ジョブセンス」でユーザー情報の閲覧が可能な状態に 最大約2100人分

リブセンスは、アルバイト求人サイト「ジョブセンス」でユーザー情報がほかのユーザーから閲覧できる不具合が起きたと発表した。

[ITmedia]

 リブセンスは2月28日、アルバイト求人サイト「ジョブセンス」で、ユーザーなどの個人情報がほかのユーザーから閲覧できる不具合が起きたと発表した。

 閲覧可能になっていたのは、同サイトに求人情報を出している企業最大444社・459人の企業名・氏名と、求人に応募した最大1673人の氏名・性別・電話番号・現在の職業・メールアドレス。不正流用された事実は確認されていないとしている。

 同社によると、原因はシステム障害。27日午後4時半に不具合について問い合わせがあり、障害を確認。午後4時55分にサイトへのアクセスを一時遮断し、午後7時52分に不具合への対応を完了、サイトを復旧した。障害のは23日以降、合計約115分間の履歴を確認しているという。

 再発防止に向け、異常発生の定期的な監視体制の強化、ユーザーからの問い合わせ対応と社内共有体制の強化を徹底するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.