ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2015年02月18日 17時21分 UPDATE

小惑星帯最大・準惑星ケレスの鮮明な写真、探査機「ドーン」が撮影

探査機「ドーン」が撮影した準惑星ケレスの写真をNASAが公開した。

[ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は2月17日(現地時間)、探査機「ドーン」(Dawn)が撮影した準惑星ケレス(Ceres)の写真を公開した。

photo ドーンが撮影したケレス NASA/JPL-Caltech/UCLA/MPS/DLR/IDA

 ケレスは火星と木星の間にある小惑星帯(アステロイドベルト)で最大の天体(直径952キロ)。写真は2月12日、ケレスから8万3000キロの位置から撮影した。

 ドーンは2007年7月に打ち上げられ、小惑星ベスタ(Vesta)を14カ月間にわたって観測。来月6日にはケレスの周回軌道に入り、詳細な観測を行う計画だ。

 ケレスは火星と木星の間にある小惑星帯(アステロイドベルト)の天体としては最初(1801年)に見つかり、小惑星番号「1」がついている。長く「最大の小惑星」とされてきたが、天体の定義の変更に伴い、冥王星などと同じ「準惑星」と呼ばれることになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.