ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年06月02日 16時02分 UPDATE

「つながるクルマ」グローバルに トヨタとKDDI、通信プラットフォーム構築

「コネクテッドカー」の通信でトヨタとKDDIが協力。車が国境をまたぐ場合も、ローミングなしでキャリアを切り替えられる通信プラットフォームを構築する。

[ITmedia]

 トヨタ自動車とKDDIは6月2日、ネットワークに接続してデータの集積などが可能な「コネクテッドカー」(つながるクルマ)用の通信プラットフォームを、グローバルで構築すると発表した。車が国境をまたぐ場合も、ローミングなしでキャリアを切り替えられる仕組みで、低価格で安定した通信が可能になるとしている。

画像 「グローバル通信プラットフォーム」の概念図

 コネクテッドカーの通信を受け持つ車載通信機の仕様は現在、国や地域ごとに異なっているが、トヨタは2019年までにグローバルで共通化。20年までに日米で販売するほぼすべての乗用車に搭載し、その他の主要地域でも順次、搭載を進める。

 この車載通信機は、位置情報を基に、国・地域ごとに選定した通信キャリアに自動的に接続・切り替え、通信状態の監視も行える。内蔵したSIMの設定情報を、通信で書き換えることで、指定されたキャリアに直接接続できる仕組みだ。ローミングに依存しないため、低価格・高品質の通信を確実に利用できるとしている。

 新プラットフォームはトヨタとKDDIが共同で企画・設計し、開発・運用はKDDIが行う。各国の通信回線は、KDDIが持つ600社以上の海外通信事業者との関係を生かし、トヨタとKDDIが共同で選定・調達する。

 新たな通信プラットフォームは、要請があれば他の事業者にも利用できるようにし、普及を拡大するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.