ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2016年06月03日 07時00分 公開

スマホで撮った写真を100円で販売「Snapmart」 自然な日常を素材に

スマホで撮影した日常の写真を100円から販売できるマーケットプレイスサービス「Snapmart」がオープンした。

[ITmedia]

 一般ユーザーがスマートフォンで撮影した写真を出品・販売できるマーケットプレイス「Snapmart」をオプトインキュベートが公開した。1枚100円から出品できる。

photo
photo アプリ画面

 加工済みの写真、InstagramなどのSNSに投稿した写真などを100〜1000円でアプリから出品できる。販売数に応じ、売上の50〜70%が投稿者の収入となる。リリース時点でInstagramの人気ユーザーも100人以上が参加しており、人物写真や風景、動物など投稿ジャンルは幅広い。

 購入者は企業を想定し、広告素材に自然な写真やリアルなシチュエーションを求める際などに使ってもらえれば――という。企業側がお題を決めて出品を募集する「コンテスト」機能も設ける。

 通常のフォトストックサービスでは取り扱いが難しい商品の写真やお店やレジャー施設での写真も「クローズド販売」の対象として投稿可能。画像解析機能を搭載し、ロゴが入っているスニーカー、テーマパークで撮影した風景などは、被写体の知的財産権を所有する企業のみが購入できる方式を取っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.