ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2016年06月09日 15時48分 公開

マイナンバーカードに公務員の身分証機能追加 NEC、内閣官房にシステム提供

NECは、マイナンバーカード内のICチップの空き領域に、中央省庁の国家公務員などの身分証明機能を付与する「共通発行管理システム」を内閣官房に提供したと発表した。

[ITmedia]

 NECは6月9日、マイナンバーカード内のICチップの空き領域を利用し、中央省庁の国家公務員などの身分証明機能を付与する「共通発行管理システム」を内閣官房に提供したと発表した。

画像

 マイナンバーカードに搭載されたICチップに、職員を識別するための情報や有効期限などを登録。府省に設置されているセキュリティゲートなどの入館証として使用できる。ICチップ内の空き領域を府省で活用するのは初という。

 従来の国家公務員の身分証は、各府省が独自に発行しており、管理システムも個別に構築・運用していたが、新システムは府省で共通して利用できるため、身分証の発行管理を一元化でき、運用コストの低減にもつながるとしている。

 同社は今後、地方公共団体や独立行政法人などに同様のソリューションを展開するとともに、企業でのマイナンバーカード活用に向けたソリューションの提供も進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.