ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年06月14日 07時09分 UPDATE

縦置き・4K・電源内蔵:「Xbox One S」、8月発売へ 299ドルから

Microsoftが次期Xbox端末「Xbox One S」を発表した。悪評高い外部電源が内蔵になり、現行モデルより40%小型化する。別売のスタンドで縦方向に設置できる。価格は500GBモデルが299ドル(約3万2000円)、1TBは349ドル、限定版の2TBは399ドル。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月13日(現地時間)、ロサンゼルスで開催の「E3 2016」で、新ゲーム端末「Xbox One S」を発表した。現行の「Xbox One」より40%小型になる。内蔵HDDが2TBのスペシャル限定モデルが8月初旬に399ドル(約4万2000円)で、その後すぐに1TBモデルが349ドルで、500GBモデルが299ドルで発売になる見込みだ。

 xbox 1

 色はMicrosoftが「robot white」と呼ぶ白のみ。Xbox Oneで要望が多かったという縦置き設置が可能だ(縦置き用スタンドは19.99ドルの別売)。評判の悪かった外付けの電源は、内蔵になった。

 xbox 2

 4K動画をサポートし、ゲームと動画の両方でHDRに対応する。USBポートの1つが前面に配置され、コントローラーのペアリングボタンが追加され、IRブラスターを内蔵する。一方で、Kinectセンサーポートはなくなった。Kinectを利用するには、USBポートアダプターが必要になる。

 現在Xbox Oneを持っていてXbox One Sを購入するユーザーには、Kinectのアダプターを無償提供する。

 コントローラーも白くなり、Bluetooth対応になった。Windows 10搭載端末でも利用できる。

 xbox 3 新コントローラー

 Windows 10端末でコントローラーを無線接続するには、今夏予定されているAnniversary Updateの適用が必要だ。

 Xbox One Sの発売後もXbox Oneも存続するという。また、2017年のホリデーシーズンにはさらに新しい端末を発売する計画だ。この計画は「Project Scorpio」と名付けられ、強力なGPUを搭載して快適にVRゲームをプレイできるものになるとしている。


変更履歴:当初、概要の部分で500GBを500TBと誤記しておりました。お詫びして訂正いたします。[2016/6/14 7:50]



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.