ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年06月16日 12時45分 UPDATE

Twitter、公式アプリからのライブ配信が可能に

Twitterが、モバイル公式アプリ内からPeriscopeのライブ配信を投稿できるようにした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは6月15日(現地時間)、iOSおよびAndroid版の公式モバイルアプリで同社のアプリPeriscopeによるライブ配信を可能にしたと発表した。本稿筆者の環境でも、iOSアプリでは既に利用できる。

 ツイート作成画面でカメラアイコンをタップすると、従来の「写真」「動画」に加え「ライブ」アイコンが表示されるようになった。

 periscope

 ライブアイコンをタップすると、その端末にPeriscopeが既にインストールされていればPeriscopeが起動し、されていなければダウンロードを促され、App StoreのPeriscopeのページに誘導される。

 periscope 2

 Periscopeでライブ配信するには位置情報を有効にする必要があるので、抵抗のある人もいるかもしれない。

 これまで、Periscopeのライブ配信をTwitterのタイムライン上で視聴することはできたが、配信する側はTwitterから離れて別途Periscopeを起動する必要があった。Twitter内でPeriscopeを起動できるようになって手間が減り、より手軽にライブ配信できるようになった。

 Twitterは3月、Periscopeによるライブ配信の件数が累計で2億件を超えたと発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.