ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2016年08月04日 14時26分 公開

Microsoftの「Skype Bots」にホテル予約やIFTTT、ミスター・スポックが参加

MicrosoftのSkype Botsに、Facebook Messenger Botも出しているSkyscannerとHipmunkが加わった。バルカンの格言を教えてくれるミスター・スポックのbotも参加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは8月3日(現地時間)、「Skype Bots」の5つの新しいbotを紹介した。いずれもサードパーティー製だ。

 フライト予約の「Skyscanner Bot」、フライトおよびホテル予約、旅行アドバイザーの「Hipmunk Bot」、イベントチケット売買サービスs「StubHub Bot 」、IFTTT機能の「IFTTT Bot」、スター・トレックの登場人物(バルカン人)、ミスター・スポックの「Spock」だ。

 例えばHipmunk Botを連絡先に追加し、チャットを開始すると、何をリクエストしたいのかの選択カードが表示され、「ホテル予約」を選んで「8月10日〜12日、安曇野」などと入力すると、候補が画像付きのカードとして表示される。下図のカードはカルーセル式に複数のホテルを閲覧できる。

 bot 1

 Skypeのチャット内で予約までできるわけではなく、「ホテル詳細」をクリックするとWebブラウザでリンクが開く。

 SkyscannerとHipMunkは既にFacebook Messenger botを提供している。

 ミスター・スポックのbotは自由に会話したり質問したりできるわけではなく、スポック側が一方的に「論理パズルをやりましょうか、それともバルカンの格言を聞きたいですか?」とたずね、いずれかを選ぶと先に進む。

 bot 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.