ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2016年08月18日 15時51分 公開

関東に大雨・洪水警報発表 土砂災害などに注意

関東甲信地方では、湿った空気や上空の寒気の影響で大気の状態が不安定に。あちらこらちで、雷を伴う激しい雨が降っている所があります。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 8月18日現在、関東地方には大雨や洪水警報が発表されている地域があります。

photo

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒

 関東甲信地方では、湿った空気や上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になっています。現在、あちらこちらに活発な雨雲が発生して、雷を伴って激しい雨の降っている所もあります。

 このあとも1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みです。今夜遅くにかけて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒してください。

※1時間に50ミリ以上の雨とは……滝のようにゴーゴーと降り、傘は全く役に立たなくなります。また、水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため車の運転は危険になります。都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込み、マンホールからは水が噴出すこともあります。

 また、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうの恐れがありますから、屋外いる場合は頑丈な建物の中へ速やかに移動するなど安全確保に努めてくだささい。

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.