ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2016年08月24日 12時06分 公開

一般ユーザーがスマホで撮った写真を売れる「Snapmart」、ピクスタが買収

一般ユーザーがスマートフォンで撮影した写真を出品・販売できる「Snapmart」をピクスタが買収する。

[ITmedia]

 ピクスタは、一般ユーザーがスマートフォンで撮影した写真を出品・販売できるマーケットプレイス「Snapmart」を、オプトインキュベートから3000万円で買収すると発表した。100%子会社・スナップマートを設立し、9月1日付けで事業を譲り受ける。

画像 SnapmartのWebサイトより

 Snapmartは6月に始まったばかりのサービス。一般ユーザーがスマートフォンで撮影した写真を100〜1000円でアプリから出品し、広告・デザイン制作会社や出版社、個人などが購入する仕組みだ。

 ピクスタは、プロ・アマチュアカメラマンが撮影した写真を扱うオンラインマーケットプレイス「PIXTA」を運営している。Snapmart買収により、PIXTAにいなかった層のクリエイター・ユーザーを獲得し、PIXTAのノウハウを投入してサービスを成長させるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.