ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年11月11日 07時07分 公開

「YouTube VR」アプリ、「Daydream View」発売に合わせてリリース

Googleが米国など5カ国でオリジナルVRヘッドセット「Daydream View」を発売した。これに合わせ、VR専用YouTubeアプリ「YouTube VR」もリリース。ダイビングやライブ会場などのVRコンテンツを楽しめる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは11月11日(現地時間)、GoogleオリジナルのVRヘッドセット「Daydream View」の米国などでの発売に合わせ、対応する単体アプリ「YouTube VR」をGoogle Playでリリースした。

 vr 1 Google Play Storeの「YouTube VR」(日本では未公開)

 リリース段階では、「Pixel」および「Pixel XL」などの、「Daydream-ready」なAndroid端末でのみ利用できるが、YouTubeは「まずはDaydreamで」としており、今後Daydream以外のプラットフォームでも利用できるようになる可能性があるようだ。

 YouTube VRアプリをインストールした端末をDaydream Viewにセットして装着し、アプリを起動すると、VR対応の動画は360度で、それ以外の動画はシアターモード(仮想世界内の大スクリーンで見るモード)で動画を楽しめる。

 vr 2 VR対応コンテンツは動画の中に入ったような感覚で視聴できる

 音声命令に対応するので、口頭でコンテンツを検索できる。

 vr 3 音声命令に対応する

 同社は人気クリエイターやロンドン自然史博物館などの組織と協力してVRコンテンツの充実を図っている。

 Daydream ViewおよびPixel/Pixel XLの日本での発売は未定だ。

動画が取得できませんでした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.