ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年11月21日 15時47分 UPDATE

環境省「公式萌えキャラ」デザイン募集 並行世界の女子高生「君野イマ」と「君野ミライ」

並行世界の女子高生「君野イマ」と「君野ミライ」――環境省が“萌えキャラ”のデザインを募っている。

[ITmedia]

 環境省が“萌えキャラ”のデザインを募っている。同省が推進する国民運動「COOL CHOICE MOE」をPRする「君野イマ」と「君野ミライ」のデザインを、クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」で12月4日まで募集中。報酬は総額54万円(税・システム利用料込)。

画像

 「COOL CHOICE」は、2030年度の温室効果ガスの排出量を13年度比で26%削減するという目標達成に向け、省エネ製品やサービスなど、温暖化対策に貢献する「賢い選択」を促す国民運動。環境省の英名は「Ministry of the Environment」、略称は「MOE」で、「COOL CHOICE MOE(萌え)キャラクター」を募るとしている。

 “萌えキャラ”のコンセプト案は10月にクラウドワークスで募集し、約300の案から「君野イマ」と「君野ミライ」を採用した。2人は「並行世界から現れたCoolなわたしと、ズボラなわたし」で、イマはぐうたらで不摂生な女子高生、ミライは並行世界から現れたクールで知的でしっかり者――という設定だ。

 11月21日からは、2人のデザインを募るコンテストをスタート。採用されたデザインは3D化し、COOL CHOICEの普及活動などさまざまな場面で活用する。採用者には報酬を支払うほか、名前を「COOL CHOICE」公式サイト内に掲載し、同省から表彰状を授与する。

君野イマと君野ミライのストーリー(採用コンセプトより)

 部屋の電気も消し忘れ、冷蔵庫の扉も閉め忘れる。真冬の部屋で暖房をガンガンに利かせてアイスクリームを食べるのが至福のひととき。そんなぐうたらな女子高生、君野イマはCoolなChoiceとは程遠い暮らしを送っていた。

「あなた、だれ。もしかして、ドッペルゲンガーってやつ!?」

そんな彼女のもとに突如として現れたのは、姿かたちも自分とそっくりな、もう一人の自分。

「わたしの名前は君野ミライ。わたしはあなた、あなたはわたし」

「どういうこと?」

「わたしはこの世界と鏡映しの並行世界、クールワールドからやってきたの。そこでは一人一人のCoolなChoiceによって、クリーンで、豊かで、先進的で、持続可能な暮らしが築かれているわ。けれどもいつか、どこかで選択を違えた二つの世界の間には、亀裂が生じてしまったの。このままでは世界が終わってしまう。だからどうにかして修復しなければならないの」

「でも、どうやって?」

「今にわかるわ」

それから君野ミライはまるで小姑のように、ぐうたらな君野イマの生活態度を正してゆく。

「わたしがここへ来た目的は、この世の多くの人々に、CoolなChoiceをしてもらうこと。そして世界を救うこと。そのためにはまず、あなたのそのぐうたらな生活を改める必要があるの。そしてあなたには、世界の人々にCool なChoiceを伝える伝道師になってもらうわ。これはもう、この世界における決定事項なのよ。さあ、一緒に世界を救いましょう!」

「そんなこと言われても……」

果たしてミライは、イマを変えることができるのか。

イマは、変わることができるのか。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.