ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年09月13日 16時50分 公開

「iPhone X」の“ホームボタン廃止”に賛否両論 操作はどう変わる?(動画あり)(2/2 ページ)

[山口恵祐,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 ホームボタン長押しで起動する音声アシスタント「Siri」は、電源キー長押しに変更。ホームボタンに指を乗せる指紋認証機能「Touch ID」は廃止され、ユーザーの顔を生体情報として認証する「Face ID」を搭載。Apple Payによる支払時も、顔をカメラに向けて行う。

photo ロックは顔認証で解除できる

 これまで下から上に画面をスワイプして表示させていた「コントロールセンター」は、画面右上から下にスワイプに変更されている。

photo コントロールセンター

 これらは慣れてしまえば使いこなすことはたやすいように見える。ただし、デバイスの基本操作をジェスチャー操作に割り当てるのは判断が難しいところでもある。

 説明なしで、下から上にスワイプする操作がホームボタンの役割を担っているとユーザーが理解するのは難しいのではないだろうか。米Microsoftが「Windows 8」で取り入れたジェスチャー操作が分かりづらかったのと同様の問題を抱えているように思える。

photo 「Windows 8」でスタートメニューを表示するには、画面右端から左にスワイプさせる。ガイド表示などはなく、初見では全く分からない

 とはいえ、スマートデバイスが登場してから月日が経過したのも事実だ。「ユーザーがタッチ操作に十分慣れた」とAppleが判断した面もあるのだろう。シリーズ10年目のiPhone Xであること、高価格な最上位モデルであることを考慮すれば、新しい変革を取り入れる端末としてふさわしいという見方もできる。

 新しく取り入れられた機能に対して意見が割れる状況は「イヤフォンジャック」が廃止された「iPhone 7/7 Plus」のときと同様だ。発売から1年がたった今も、イヤフォンジャックを求める声は多い。

photo

 iPhone Xは「これこそiPhoneの次の10年の始まりです」と同社が明言したように、今後登場するiPhoneのスタンダードな形になる可能性が高いだろう。今後のモデルが市場に受け入れられるのか注目だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.