ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年09月06日 15時55分 公開

Uber、名古屋でタクシー配車開始 地元のタクシー事業者と協業

Uberが名古屋市でタクシー配車サービスの提供を始める。フジタクシーグループと協業し、アプリ経由で300台以上のタクシーを呼べるようにする。

[ITmedia]

 Uber Japanは9月6日、名古屋市でタクシー配車サービスの提供を始めた。同市のフジタクシーグループと協業し、Uberのスマートフォンアプリ(iOS/Android)で、300台以上のタクシーを呼べるようにする。

photo 配車サービス利用イメージ

 利用者は、スマホアプリで現在地か指定場所まで配車を依頼する。行き先や降車位置を決定し配車が確定すると、タクシーの到着時刻や想定配車料金などを事前に確認できる。運賃はアプリを通じてクレジットカードで支払う。

photo アプリの利用イメージ

 Uberは今年2月、既存のタクシー事業者との提携を強化する方針を発表し、7月からは兵庫県淡路島でUberのアプリから地元のタクシーを呼べる実証実験を実施していた。方針の発表以降、日本国内で実サービスとして提供するのは今回が初という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.