ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年09月19日 18時58分 公開

ユニクロがGoogleと協業強化 機械学習で商品トレンド予測

ファーストリテイリングが機械学習や画像認識技術などの分野でGoogleと協業強化。データを基に商品トレンドや需要を予測し、商品づくりに役立てる。

[ITmedia]

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは9月19日、機械学習や画像認識技術などの活用に向け、米Google傘下のGoogle Cloudと協業すると発表した。商品トレンドや需要を予測し、顧客ニーズを捉えた商品づくりに役立てる。

 Google Cloudが東京に開設する研究開発施設「Advanced Solutions Lab」(ASL)と国内初のパートナーシップを締結。顧客の声や行動情報、外部情報、売り上げ実績などのビッグデータをGoogle Cloudのエンジニアチームとともに分析し、商品力の強化につなげる。

 ファーストリテイリングは、デジタル技術で顧客の要望を捉えて商品づくりに生かす「情報製造小売業」への転換を掲げている。Google Cloudとの協業は「その中の重要な取り組みの1つ」(ファーストリテイリング)という。

 合わせて、Googleの企業向けサービス群「G Suite」(旧Google Apps)を活用した働き方改革も進める。店舗や本部、生産・物流拠点を問わず、全社員で情報共有しやすい環境を整え、顧客ニーズを商品に生かすサイクルを早めていく考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.