ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年09月25日 19時19分 公開

月刊誌「新潮45」が休刊に 「十分な編集体制ではなかった」

1985年に創刊した総合月刊誌「新潮45」が休刊に。LGBTに関する寄稿文や特集の内容について、批判の声が上がっていた。

[ITmedia]

 新潮社は9月25日、総合月刊誌「新潮45」を休刊すると公式サイトで発表した。同誌に掲載されたLGBTに関する記事に批判が殺到。十分な編集体制が整備できていないため、休刊を決断したという。

新潮 「新潮45」休刊を公式サイトで発表

 同誌は、8月号に杉田水脈(みお)衆議院議員による寄稿文「『LGBT』支援の度が過ぎる」を、10月号に特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」を掲載。「LGBT差別ではないか」など批判を浴びていた。

 同社によると、ここ数年部数が低迷し、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックができる編集体制になっていなかったという。

 同社の佐藤隆信社長は9月21日、この問題について公式サイトで言及。10月号の特集について、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられた」としていた。

 同社は「申し訳ないという思いしかありません」と謝罪。新潮45は休刊するが、今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていくとしている。

 新潮45は、1985年に創刊された総合月刊誌。手記、日記、伝記などのノンフィクションや文化人による寄稿文などを掲載していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.