ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年09月26日 22時34分 公開

「Chrome 70」でChromeへのログイン必須を解除へ フィードバックを受けて修正

Googleが「Chrome 69」でGoogleサービスへのログインとChromeへのログインを連携させたことに対する批判が高まったことを受け、同社は10月中旬リリース予定の次期Chrome(バージョン70)ではログイン連携をオプションにすると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月26日(現地時間)、Chrome 69から追加した、Googleのサービスにログインすると自動的にChromeにもログインする機能を、10月中旬リリース予定のChrome 70で変更すると発表した。「われわれは、皆さんのフィードバックに耳を傾け、感謝しています」。

 同社が特に告知せずに、プライバシーにかかわる可能性がある仕様変更をしたことが明らかになり、多数のブロガーなどが批判していた。

 Chromeへのログインは、2011年12月リリースのバージョン16で追加された機能。これにより、数の端末上のGoogle Chromeの各種設定(ブックマーク、拡張機能、アプリケーション、テーマ、ブラウザの各設定、開いているタブなど)を同期でき、かつ、1台の端末に複数のユーザーの設定を保存し、切り替えて利用できるようになった。

 26日の公式ブログでGoogleは、Chrome 69での変更は、1台の端末を複数のユーザーで使っている場合に、GoogleサービスのログインとChromeへのログインを連携させておかないと混乱が生じるというフィードバックに対応するためだったと説明した。

 そのため、サービスとChromeへのログインは連携させたが、Chromeにログインしただけでは各種設定の同期(およびそのために必要な個人情報のGoogleサーバへの提供)は始まらないようにした。同期もするためにはさらに、ユーザーが設定を変更する必要がある。

 それでもこの変更は個人データを知らずにGoogleに提供することにつながる可能性があるとするフィードバックを受け、Chrome 70では以下のように変更する。

  • われわれは今でも、サインインの一貫性(GoogleサービスとChromeへの同時ログイン)は多くのユーザーの助けになると考えているが、GoogleサービスとChromeへのログインの連携を解除するオプションを追加する(下の1つ目の図)。このオプションを有効にすれば、従来通りGoogleのサービスにログインしてもChromeにはログインしないようになる
  • ユーザーの同期状態が分かりやすいようにGoogleアカウントの表示(ツールバー右端のユーザーアカウントアイコンをクリックすると表示されるカード)を変える(下の2つ目の図)
  • 現在は、ユーザーがcookieをクリアしてもログイン状態を保てるように、Googleの認証cookieはクリアしないようにしているが、Chrome 70からは、ユーザーがcookieをクリアしたらGoogleの認証cookieもクリアし、ログアウトするようにする
 chrome 1 Googleサービスにログインする際表示される予定の通知
 chrome 2 左から、サインアウト状態、サインインしたが同期していない状態、サインインし、同期している状態

 この発表を受け、Chrome 69での変更に苦言を呈していたジョン・ホプキンズ大学のマシュー・グリーン准教授は自身のTwitterアカウントで「Googleは改善はしたが、(Chrome 69)以前よりまだ侵襲的だ。(中略)私はもうこの件については文句は言わないが、これをGoogleとの離別のスタート地点とする。(中略)どのみちChromeはGoogleのブラウザなのだから、Googleが好きなようにすればいいのだ。私はこれから、Firefoxユーザーになる」とツイートした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.