ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年09月27日 10時22分 公開

ソフトバンク、AI研究の学生に奨学金 年100万円、最大100人に

AIを研究する大学院1年生最大100人に100万円ずつ給付する奨学金プログラム「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」をソフトバンクが実施する。

[ITmedia]

 ソフトバンクは9月26日、人工知能(AI)に関する研究に取り組む大学院1年生を最大100人に100万円ずつ給付する、総額最大1億円の奨学金プログラム「ソフトバンクAI人材育成スカラーシップ」を実施すると発表した。「AI人材の育成に貢献することを目的」としている。

画像 奨学金の概要

 ソフトバンクが指定する大学院に19年4月時点で1年生として在籍し、情報工学や情報科学、統計学などの分野でAIに関する学修・研究に取り組む学生を対象に、2019年4月〜20年3月まで奨学金を給付する(一時金4万円+8万円/月×12カ月)。20年以降の継続も検討しているという。

 奨学金の正式名称は「JEES・ソフトバンクAI人材育成奨学金」。ソフトバンクが日本国際教育支援協会(JEES)の「冠奨学金事業」に寄付した寄付金が、奨学金として給付される仕組みだ。

 募集は10月以降、JEESが対象の大学院を通じて順次受け付ける。応募には、在籍予定の大学の学長推薦が必要。書類で選考し、必要に応じて面談も行う。

 同社は「AIが全ての産業でより幅広く活用され、各産業のビジネスモデルや競争環境が大きく変わっていく時代を見据えて、今後の各産業の発展を担う『AI人材』の育成に貢献することを目的」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.