ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月16日 08時09分 公開

Adobe MAX 2018に、Appleのフィル・シラー氏が登場

「こんじる」とフィル・シラー氏との関係が明らかに。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Adobeが開催する「Adobe Max 2018」の基調講演で、同社CPO(最高製品責任者)のスコット・ベルスキー氏が、スペシャルゲストとしてAppleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏を呼び、AdobeとAppleとの取り組みについて語った。

photo Adobe MAX 2018

 シラー氏は「Adobeは最初からiPadの可能性を理解していた」と語った。

 また、AppleにとってARがどれほど重要かを語り、AdobeはUSDZファイルフォーマットをサポートしたことは喜ばしいと述べた。

photo Adobe MAX 2018

 ベルスキー氏は、プレゼントとして、背中に「Content-Aware Phil」(コンテンツに応じるフィル)とロゴが入ったAdobe MAXジャケットを贈った。日本では「こんじる」として知られる「Content-Aware Fill」(コンテンツに応じた塗りつぶし)とフィル・シラーの名前をかけたジョークである。

写真:#アップルノート

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.