ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月16日 18時17分 公開

会議音声を自動でテキスト化 話者も識別 日立が新サービス

会議を録音した音声ファイルから自動で書き起こすクラウドサービスを日立製作所がスタート。音源の方向から話者を識別し、話者ごとに会話をテキスト化する。

[ITmedia]

 日立製作所は10月16日、会議などの音声ファイルから自動でテキストを書き起こすクラウドサービス「音声書き起こし支援サービス」の販売を始めた。音源の方向から話者を識別し、話者ごとに会話をテキスト化できる。議事録作成などの業務効率化に役立つという。価格は個別見積もり。サービス提供は31日から。

photo 「音声書き起こし支援サービス」

 利用者がクラウドにアップロードした音声ファイルを文字起こしするサービス。事前に固有名詞や専門用語を登録しておくと、業務に合わせて音声認識精度を向上させられる。同社が開発した専用マイクで録音した音声であれば、会話を話者ごとに識別してテキスト化することもできる。

 専用マイクには、音源の方向から音声を識別し、同じ方向からの声は同じ人物の声として認識する「音声分離技術」と、雑音や反響音を取り除いて認識したい音声だけを抽出する「雑音除去技術」を搭載。複数人の会話でも、高精度でテキスト化できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.