ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月18日 06時17分 公開

ArmベースMacは2020か2021に登場か Appleチップは完全自動運転車にも?

2020年か2021年にAチップがMacにも採用されるとミン=チー・クオ氏が予想している。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 TF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏は、サムスンやLGとは異なり、TSMCは競合関係にないため、今後も採用が続くと予想していて、2019年のA13チップ、2020年のA14チップを製造する唯一のメーカーとなると考えている。Apple Insiderが報じた

photo ローエンドMacBookはArmベースになる?

 2020年か2021年にAppleのArmベースプロセッサがMacにも搭載される可能性があり、MacBookなどローエンドモデルに採用されるかもしれないとクオ氏は予想。

 また、2023年から2025年にかけて、TSMCの3nmプロセス、または5nmプロセスで製造した自動運転車用Appleカスタムチップにより、レベル4(高度自動運転)またはレベル5(完全自動運転)の自動運転車を提供する可能性があると同氏は考えているという。

 日本政府は2020年までにレベル4自動運転車の実用化を目標とし、レベル5の完全自動運転を2025年を目途に目指すとしているが、ソフトバンクとトヨタ自動車が、新会社「MONET Technologies」を設立し、共同事業を開始すると発表したときに、一般ユーザー向けに販売したとしても数千万もする価格になる可能性があり、さらに、法規制の緩和なども実施される必要があることから、購入してくれるのはライドシェア事業など法人向けになると考えているとコメントしている。

photo MONET Technologiesでトヨタと手を結んだソフトバンクはArmを傘下に持つ

 Audi A8がレベル3(条件付自動運転)の「Audi AIトラフィックジャムパイロット」を搭載すると発表しているが、現時点ではレベル2(部分自動運転)で、価格は1200万を超える。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.