ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年11月02日 10時25分 公開

次期iPadは「Time-of-Flight」採用か iPhoneはFace IDさらに強化?

著名アナリストのクオ氏が早々と次期iPhoneとiPadについて予想している。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 TF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏は、2019年に発売される次期iPhoneはTrueDepthカメラの投光イルミネーターを強化し、Face ID認証における環境光の干渉が低減され、より精度が向上すると予想している。AppleInsiderが報じた

photo iPad Proにも採用されたFace IDだが、次期iPhoneはまた進化する?

 また、背面カメラ側をTrueDepthカメラ化することはないと強調しているそうだ。

photo 現行モデルの前面TrueDepthカメラ

 Appleは、早ければ2019年第4四半期頃に「Time-of-Flight」(距離画像センサー)をサポートした次世代iPadを発表する可能性があり、より正確な距離画像の取得と、Apple Pencilと組み合わせることにより、今までにないユーザー体験を現実化する可能性があるそうだ。

 Time-of-Flightは、光源から対象物に投げられた光が反射され、戻ってきた時間(Time of Flight)を計測し、そのずれを計算することで奥行きを測定する技術。

 Time-of-FlightのiPhoneへの採用は、2020年下半期まではないだろうとクオ氏は予想している。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.