ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年12月12日 07時28分 公開

ZOZO前澤社長、「球団保有はいったん断念」

プロ野球球団保有を目指すと表明していたZOZOの前澤友作社長は12月11日、「近々での球団保有はいったん断念することにした」とTwitterで表明した。

[ITmedia]

 プロ野球球団保有を目指すと表明していたZOZOの前澤友作社長は12月11日、「近々での球団保有はいったん断念することにした」とTwitterで表明した。「今回は努力と勉強不足だった。夢は夢として諦めず持ち続けたい」としており、球団保有の意向は持ち続けるようだ。

 前澤社長は7月、「プロ野球球団を持ちたい」とTwitterに投稿。その後、複数の球団オーナーや野球関係者と面会するなどしてその可能性を探ってきたが、願いは叶わなかった。「引き続き別の形で野球界に対する応援ができれば」としている。

 千葉市に本社を置く同社は、千葉ロッテマリーンズ本拠地「千葉マリンスタジアム」の命名権を保有しており、「ZOZOマリンスタジアム」と名付けている。前澤社長は「野球少年だった自分が、生まれ故郷千葉を代表する球場に『ZOZOマリンスタジアム』としてネーミングの協力ができること自体が奇跡」とも述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.