ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月20日 18時03分 公開

メガネのサブスクリプション型サービス、メガネの田中が開始 子どもはフレーム&レンズ交換が無制限

全国に116店舗を展開しているメガネの田中チェーン(広島市)は、日本初というメガネ&サングラスのサブスクリプション型サービス「ニナル」を2019年4月に開始する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 全国に116店舗を展開しているメガネの田中チェーン(広島市)は12月20日、日本初というメガネ&サングラスのサブスクリプション型サービスを2019年4月に開始すると発表した。大人向けと中学生以下を対象とした子ども向けのサービスの2本立て。一部店舗では2月中旬から先行サービスを開始する。

店舗イメージ

 大人を対象とした「ニナル」は、月額2100円(税別)の3年契約。期間中に新品のフレームを3本まで、レンズは3組まで交換できる。対象となるメガネやサングラスは実勢価格が3万円台のハイクラス商品が中心になるという。同社のデイミアン・ホール社長は、「定額利用サービスならではの利点を生かし、今までは選ばなかった新しいメガネと出会い、ファッションとして楽しんでいただきたい」と話している。

視力検査

 子ども向けの「ニナルSTEP」は、「成長期で変化の早い子どもに適正なメガネを提供する」ことを目的とし、月額1800円(税別)でフレームとレンズの交換を無制限とした。同じく3年契約で、契約満了時に中学生以下であることが条件になる。

 対象となるメガネは、大人向け、子ども向け合わせて約300種類。順次拡大するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.