ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月04日 14時15分 公開

トヨタ、自動運転テスト車を新開発 新型「Lexus LS」にカメラ追加、認識性能を向上 (1/2)

トヨタが自動運転テスト用の新型車「TRI-P4」を開発。CES 2019に出展する。

[ITmedia]

 トヨタ自動車の米子会社Toyota Research Institute(TRI)は、自動運転テスト用の新型車「TRI-P4」を、ラスベガスで開催される「CES 2019」(1月8〜11日)に出展する。搭載するカメラの台数を増やし、周囲の認識性能を向上させた。今春から米国でのテストに導入し、安全運転支援システムと自動運転システムの開発を進める。

photo

 新型(第5世代)のLexus LSをベースに、2台のカメラを追加し両サイドの認識性能を高めた他、自動運転車用に設計した2つの画像センサーを前方と後方に追加。車両周辺の近距離の視野を向上させるため、レーダーシステムも改良した。LIDAR(LIght Detection And Ranging)システムは、従来の実験車両「Platform 3.0」で使用したものを踏襲したが、新型LSのデザインに合わせて形を変えた。

 Platform 3.0と比べて、計算能力や機械学習の性能をアップさせるなど、「賢さ」も向上させたという。

 TRIで自動運転技術を担当するライアン・ユースティス氏(シニアバイスプレジデント)は「新しい実験車を今春から導入することで、安全運転支援システムと自動運転システム双方の開発をさらに加速させる」としている。

photo
photo
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.