ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月09日 13時39分 公開

パナソニックが床拭きロボット掃除機を発売 拭き取り部にローラーを搭載した「ローラン

パナソニックは、同社初の床拭きロボット掃除機「Rollan」を1月20日に発売する。拭き取り部にローラーを採用し、常にモップのきれいな面で掃除するという。

[ITmedia]

 パナソニックは1月9日、同社初の床拭きロボット掃除機「Rollan」(ローラン、MC-RM10)を発表した。拭き取り部に回転式のローラーを採用し、常にモップのきれいな面で掃除するという。オープン価格で1月20日に発売する。

「Rollan」(ローラン、MC-RM10)。店頭では5万円前後(税別)になる見込み

 床のざらつきやべたつきなど「日常的な汚れ」の掃除を目的としたロボット掃除機。付属のモップをローラーに巻き付けると、5分半ごとに約30度回転する。「掃除終了まできれいな面でふけるため、汚れのふき残しを抑えられる」(パナソニック)という。

底面のローラー部。5分半で約30°回転する

 水拭き(ウェット)と乾拭き(ドライ)の2モードを搭載し、ウェットモード時は水を定期的に噴射してモップを濡らす。付属のモップは水洗いできる他、市販の使い捨てシートも使える。

使用イメージ

 掃除中は、直線的に壁まで移動し、コの字に折り返す動きを繰り返して部屋全体をカバー。マッピングなどは行わず、タイヤ回転数から移動距離を計算するオドメトリと本体の向き(角度)を検知するジャイロセンサーでおおまかな位置を把握するという。障害物や段差は赤外線センサーやバンパースイッチで検知、回避する。

 内蔵バッテリーによる連続駆動時間は約1時間。ウェットモード、ドライモードともに1回で20畳までの部屋を掃除できる。

充電にはACアダプターを使用する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.