ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2015年01月22日 18時08分 公開

パナソニックがロボット掃除機に参入 三角形の「ルーロ」

パナソニックは初のロボット掃除機は、三角形の「RULO」(ルーロ)。部屋の隅や壁際もしっかり掃除できるという。

[ITmedia]

 パナソニックは1月22日、初のロボット掃除機「RULO」(ルーロ)を3月20日に発売すると発表した。正三角形の各辺をふくらませた「ルーローの三角形」の形状を採用。部屋の隅や壁際もしっかり掃除できるという。オープン価格で、実売予想価格は10万円前後(税別)。

画像
画像

 ルーローの三角形は、ドイツの機械工学者フランツ・ルーローが開発した定幅図形で、正方形に内接して回転できる特徴がある。ルーローの三角形状を採用したRULOは、ゴミのたまりやすい部屋の隅や壁際をしっかり掃除でき、回転時の径も変わらないため狭い場所でもスムーズに方向転換できるという。

 赤外線センサーや超音波センサー、ジャイロセンサーで方向や走行距離を認識。部屋の隅や壁際を重点的に走行する「ラウンド走行」と部屋の内部を効率よく走行する「ランダム走行」を組み合わせた独自の走行制御を開発した。

画像

 ゴミの量に応じて自動運転制御する独自の「ハウスダスト発見センサー」や、フローリングの細塵を除去できる「V字ブラシ」など、家庭用掃除機で培った技術を応用した。バッテリーには同社が開発したリチウムイオン電池を採用し、1500回の繰り返し充放電が可能だ。

 サイズは330(幅)×325(奥行き)×92(高さ)ミリ、重さは3.0キロ(電池別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.