ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年01月16日 15時51分 公開

「モバイルSuica」年会費無料に ガラケー向けはサービス縮小

JR東日本は、Androidスマートフォンやガラケー向けに提供している「モバイルSuica」のサービスについて、2020年2月26日から年会費を無料にすると発表した。iPhoneで同様なサービスを利用できるApple Payは当初から無料だった。

[ITmedia]

 JR東日本は1月16日、Androidスマートフォンやフィーチャーフォン(ガラケー)向けに提供している「モバイルSuica」のサービスについて、2020年2月26日から年会費(税込1030円)を無料にすると発表した。「サービス向上が目的」としている。iPhoneで同様なサービスを利用できるApple Pay向けSuicaは当初から年会費無料だった。

 一方で、ガラケー向けサービスは大幅に縮小。オートチャージや定期券など、ログインを伴うサービスを終了する。

画像 モバイルSuica公式サイトより
画像

 モバイルSuicaは、クレジットカード「VIEWカード」をひも付ける場合は年会費無料だったが、それ以外のクレジットカードを使う場合は会費が必要だった。新たに、VIEWカード以外のカードを利用した場合も会費不要にする。

 ガラケー向けモバイルSuicaは、ログインを伴う全サービスを、20年2月25日か12月22日(機種によって異なる)に終了する。オートチャージや定期券、グリーン券、ネット決済、会員登録などができなくなる。電子マネーによる鉄道利用や現金によるチャージなど、ログイン不要のサービスは引き続き利用できる。

画像

 また、19年度末に予定している新たな新幹線IC乗車サービスの開始に合わせ、モバイルSuica特急券も終了する予定だ。新サービスの具体的な内容は、決まり次第告知する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.