ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年01月19日 08時33分 公開

「Cortanaは他のAIアシスタントと競合せず、協調する」とMicrosoftのナデラCEO

Microsoftのサティア・ナデラCEOがメディア向けイベントで、同社のAIアシスタント「Cortana」をAlexaやGoogleアシスタントと競合させるのではなく、スキルやアプリとして連携させていくと語った。

[ITmedia]

 「Cortanaを、例えばAlexaから呼び出せる便利なスキルにするべきか、あるいはAlexaと対抗させようとするべきか? Microsoftは前者を選んだ」──。米Microsoftのサティア・ナデラCEOがそう語ったと、Microsoftがメディアを招待して行ったイベントに参加した米Business Insiderが1月18日(現地時間)に報じた。

 ナデラ氏は、AIアシスタントの「Cortana」を米Amazon.comのAlexaや米Googleの「Googleアシスタント」と競合させるのではなく、Cortanaを(Alexaで使える)「スキル」やモバイルアプリとしてクロスプラットフォームでユーザーに届けることにフォーカスすると語った。「CortanaはすべてのMicrosoft Office 365ユーザーが利用できる必要があるからだ」という。CortanaにはiOSおよびAndroidアプリがあるので、モバイル端末では既に使えるようになっている(日本ではiOSアプリのみ)。

 cortana 1 CortanaのiOSアプリ

 MicrosoftはCortanaとAlexaの統合を2017年8月に発表した。まだ実現していないが、昨年8月にパブリックプレビューが始まった

 ナデラ氏はさらに、GoogleアシスタントでもCortanaを利用できるようにしたいと語った。

 Microsoftは2017年には韓国Samsung Electronics傘下のHarman Kardon製Cortana搭載スピーカーを発表したが、その後Cortana搭載ハードウェアはほとんど登場していない(オリジナルヘッドフォン「Surface Headphones」は発表した)。

 cortana 2 Cortana搭載スマートスピーカー「Invoke」

 Microsoftは16日、次期Windows 10のアップデートで、Cortanaと検索を分離すると発表した。

 Cortanaは2014年4月に発表された。Alexaの登場は同年の11月だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.