ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年01月17日 08時40分 公開

「Windows 10」、次期アップデートでタスクバーのCortanaと検索を分離

Microsoftが4月ごろにリリースするとみられる「Windows 10」の次期大型アップデート(コードネーム:19H1)で、タスクバーに検索ボックスがつき、Cortanaとは別になる見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月16日(現地時間)、Windows 10 Insider Preview Build 18317(コードネーム:19H1)の幾つかの新機能を発表した。その1つとして、現在タスクバーで1つにまとまっている検索とCortanaを分離し、別々に表示する。

 cortana 1

 上の画像のように、タスクバーに検索ボックスと従来のCortanaのアイコン(黒い円)が並ぶ。検索ボックスをクリックすればテキスト入力による検索が、CortanaのアイコンをクリックすればCortanaが起動し、音声での命令を入力できる。2つを分離することで、「ターゲットオーディエンスとユースケースに最適な独自の改善が可能になる」という。

 cortana 2 Windows 10(バージョン1809)のCortanaアイコン

 なお、Insider Preview Build 18305ではCortanaアイコンに検索ボックスがついた状態だった。

 cortana 3 Build 18305のタスクバー

 19H1の一般向け公開は4月ごろになるとみられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.