ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年01月21日 14時30分 公開

北極海や南極大陸でも……地球全域でクリアに通信「イリジウムCertus」、KDDIが「Certus350」として提供へ

KDDIは、地球全域で快適に通信できるという衛星通信サービス「Certus(サータス)350」の提供を、2月1日から海運業界をはじめとする船舶向けにスタートする。従来のイリジウムは最大通信速度134kbpsまでだったが、「Certus」は当初から最大352kbpsに対応する。

[ITmedia]

 KDDIは、地球全域で快適に通信できるという衛星通信サービス「Certus(サータス)350」の提供を、2月1日から海運業界をはじめとする船舶向けにスタートする。米Iridium Communicationsが提供する衛星通信サービス「イリジウムCertus」をベースとしたサービス。従来のイリジウムは最大通信速度134kbpsまでだったが、「Certus」は当初から最大352kbpsに対応する。

画像 イリジウムの衛星イメージ
画像 船内ネットワーク構成例

 Certusは地球全域をカバーする低軌道周回衛星。静止衛星では提供が難しい北極海航路を進む船舶や航空機、南極大陸の基地設備などでも、快適なデータ通信が利用できるという。北朝鮮では利用できない。

 2019年夏には704kbpsにアップグレードし、その後さらに、1.4Mbpsにまで対応可能になる予定だ。

 高品質音声コーデックを採用し、セルラー電話並みのクリアで安定した通話品質を提供、最大3チャンネルでの同時通話が可能という。

 周回衛星のため衛星を追尾する必要がないことから、通信アンテナに駆動部の取り付けが不要で、衛星追尾型よりも小型・軽量で故障が少なく、より低コストで利用できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.