ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年01月25日 11時47分 公開

プロ野球のチケット価格、AIが設定 ソフトバンクのオープン戦で販売

福岡ソフトバンクホークスのオープン戦のチケット価格をAI(人工知能)が決める「AIチケット」が販売される。試合日時、リーグ内順位、対戦成績、席の種類などのビッグデータを活用する。

[ITmedia]

 福岡ソフトバンクホークスとヤフーは1月25日、「ヤフオク!ドーム」(福岡市)で開催するソフトバンクのオープン戦チケットを、需給に応じて価格が変動する「AIチケット」として発売した。既にレギュラーシーズンでは導入済みだったが、オープン戦まで対象を拡大した。

ソフトバンク

 過去の販売実績データ、リーグ内の順位、対戦成績、試合日時、席の種類、席の位置、チケットの売れ行きなどのビッグデータを活用。試合ごとの需要を機械学習で予測し、リアルタイムに価格を変動させる。

ソフトバンク ヤフオク!ドームで実施

 ヤフーと三井物産が設立したダイナミックプラス(東京都千代田区)のシステムを活用。ソフトバンクは2018年にレギュラーシーズンで需給に応じて価格が変動する「ダイナミックプライシング」の仕組みを導入しているが、オープン戦から1シーズンを通しての実施は今回が初となる。

 対象はホークス主催のオープン戦10試合。1試合当たり約1500席を販売する。

ソフトバンク 対象の試合
ソフトバンク 対象の座席

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.