ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年01月28日 15時04分 公開

コピー用紙が減ると自動検知して発注 IoTマットに用紙置くだけ アスクルが新サービス

コピー用紙の残量をIoT機器「スマートマット」で検知し、自動で発注・配送する「コピー用紙自動配送サービス」をアスクルが2月下旬に始める。

[ITmedia]

 アスクルは1月28日、コピー用紙の残量をIoT機器「スマートマット」で検知し、自動で発注・配送する「コピー用紙自動配送サービス」を2月下旬に始めると発表した。スマートマットを月額300円(税別)でレンタルし、在庫の用紙をマットの上に置けば利用できる。

画像
画像

 スマートマットをWi-Fiにつなぎ、補充用コピー用紙(同じ種類の用紙5箱分まで)の下に敷くと残量検知がスタート。設定した数量以下になると自動でアスクルに発注し、翌営業日以内に商品を届ける。

 アスクルでは、定期的にコピー用紙を配送する「コピー用紙定期配送サービス」を提供しているが、「定期配送を利用するほどではないが、注文の手間を減らしたり買い忘れを防止したい」――といったニーズを新サービスで取り込む狙いだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.