ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月29日 16時07分 公開

ハウステンボスが「変なエネ」開始 再生可能エネルギー中心 テーマパークで発電した電力も

ハウステンボスが電力ベンチャーのみんな電力と提携し、「変なエネ」ブランドで家庭向け電力販売(取り次ぎ)を開始する。テーマパーク内の太陽光発電所で発電した電力を含む再生可能エネルギーが中心になるという。

[ITmedia]

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)は1月28日、電力ベンチャーのみんな電力(東京都世田谷区)と提携し、「変なエネ」ブランドの家庭向け電力販売(取り次ぎ)を開始すると発表した。提供する電力は、テーマパーク内の太陽光発電所で発電した電力を含む再生可能エネルギーが中心になるという。2月1日から受付を開始する。

「変なエネ」ロゴマーク

 みんな電気は、太陽光や風力など再生可能エネルギーを中心に全国から電気を調達している。ハウステンボスもテーマパーク内にある太陽光発電所で年間約240万kWhを発電(2018年度実績)するなど再生可能エネルギーに取り組んでおり、3月1日以降はみんな電力に電力を供給する予定だ。

 「関東地方の家庭を中心に非原発の電力に対するニーズは高い。ハウステンボスは“環境に配慮した街作り”を進めており、みんな電気の取り組みに共感した」(ハウステンボス)

 受付エリアは、東京電力、中部電力、関西電力、九州電力の管内。ハウステンボス公式サイト内に特設ページを設け、2月1日から加入の受け付ける。料金は「調整中」。電源構成はFIT電気が75%(2018年度計画値)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.