ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年01月29日 18時15分 公開

PayPay、福岡ドームで導入 将来は「完全キャッシュレススタジアム」目指す

「福岡 ヤフオク!ドーム」で「PayPay」が導入される。オープン戦が始まる3月2日から、飲食物やグッズなどの購入にPayPayを使えるように。

[ITmedia]

 ソフトバンクとヤフーが設立したPayPayは1月29日、「福岡 ヤフオク!ドーム」(福岡市)で、モバイル決済サービス「PayPay」を導入すると発表した。オープン戦が始まる3月2日から、飲食物やグッズなどの購入にPayPayを使えるようにする。

photo 福岡ソフトバンクホークスの選手は「PayPay」ロゴ付きキャップを着用する

 同社は「PayPayをけん引役として、ヤフオクドームでのキャッシュレス決済の導入を進め、将来は完全キャッシュレススタジアムの実現を目指す」としている。

 同様の取り組みでは、楽天が「楽天生命パーク宮城」で、4月2日から現金決済ではなくキャッシュレス決済を原則にする。自社が運営するスタジアムで「楽天ペイ」などの導入を通じ、キャッシュレス決済の普及を促す考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.