ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年01月30日 12時51分 公開

元号の商標登録は不可 特許庁、基準で明確化

特許庁が、商標審査基準を改訂。新旧の元号を商標登録できないことを明記した。

[ITmedia]

 特許庁は1月30日、商標審査基準を改訂し、新旧の元号を商標登録できないことを明記した。従来の基準では現元号のみ記載していたが、過去の元号を含めて基準を明文化した。これまでも新旧を問わず、元号の商標登録は原則として認めていなかった。

photo

 従来の基準では「平成」「HEISEI」など「現元号として認識される」場合、商標登録を認めないとしていた。新基準では「元号として認識されるにすぎない場合」と表現をあらため、現元号かどうかを問わず、商標登録を受け付けない方針を明記した。

 ただ、明治ホールディングスなどのように、元号と認識されたとしても、長く使用された結果、利用者が特定の企業や商品だと認識できるように至った場合は、例外と判断することがあるという。

photo 商標審査基準(改訂第14版)より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.