ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月31日 09時37分 公開

2020年版iPhoneは背面カメラも3D化?

新しいセンサーをソニーと開発中という情報も。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Bloombergが、Appleの計画に詳しい人物の話として、Appleは、2020年に、iPhoneの背面側に強力な3Dカメラを搭載したiPhoneを発売し、ARを強化する計画だと伝えている

 背面側に装備される3Dカメラは、現実世界の3次元再構成を作成するための環境をスキャンするよう設計されていて、iPhoneから15フィート(4.5メートル)離れた距離まで動作するようだ。

photo iPhone XSのカメラ

 TrueDepthカメラのドットプロジェクション技術ではなく、レーザースキャナを使用しているらしく、Appleはソニーと新しいシステムのためのセンサーのテストについて話し合っていると情報筋が話したそうだ。

 記事の中で、iOS 13についても触れていて、ダークモード、CarPlayの改良、新しいホーム画面などを含むiPad用アップデート、アプリ内でのタブ表示、ファイル管理の改善などが含まれるだろうと伝えている。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.