ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月31日 13時31分 公開

関西初の「変なホテル」はロボホン19体がお出迎え 心斎橋に開業、スマート照明「Hue」も導入

関西地区初となる「変なホテル大阪 心斎橋」が2月1日に開業。おなじみの恐竜型ロボットのほか、シャープのロボット「ロボホン」が19体で迎え、多言語であいさつしたり、季節や時間に合わせてダンスを繰り広げる。

[ITmedia]

 H.I.S.ホテルホールディングスは、関西地区初となる「変なホテル大阪 心斎橋」を2月1日に開業すると発表した。変なホテルでおなじみの恐竜型ロボットのほか、シャープのロボット「ロボホン」が19体で出迎え、多言語であいさつしたり、季節や時間に合わせてダンスを繰り広げるという。

画像
画像

 全国で11拠点目となる「変なホテル」で、大阪・心斎橋駅から徒歩3分の場所に開業する。

 フロントでは、大自然を表したプロジェクションマッピングを背景に、恐竜型ロボットが客を迎える。ロボホン19体の出迎えとあわせて、「日本の最新技術と文化を楽しめる」としている。

 客室にはスマートLED照明「Philips Hue」を導入。好みに合わせた明かりの色に調整できる。また、照明やテレビ、エアコンを操作したり、レストランの混雑状況などを確認できるタブレット「tabii」を客室に完備した。

 場所は大阪府大阪市中央区南船場3丁目5-2。客室数は全90室。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.