ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年02月04日 11時28分 公開

Google、「Cloud Firestore」を正式提供 モバイルBaaS向けのNoSQLデータベース

GoogleがモバイルBaaS向けのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」の正式提供を始めた。BaaS「Firebase」とGoogle Cloud Platform上で、フルマネージド型データベースとして提供する。

[ITmedia]

 米Googleは1月31日(現地時間)、モバイルBaaS(Backend as a Service)向けのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」の正式提供を始めた。BaaS「Firebase」とGoogle Cloud Platform上で、フルマネージド型データベースとして提供する。東京を含む10のリージョンで使える。

photo 東京を含む10のリージョンで使える

 Cloud Firestoreを使えば、モバイルアプリを構築する際、データの格納、同期、クエリを簡単にできるという。例えば、バックエンドのデータが更新されると、ほぼリアルタイムでクライアント端末側のアプリの同期を行える。多人数が同時作業を行えるモバイルアプリなどの構築に適しているという。

 3月3日からは新しい料金体系を設定。一部のリージョンでは、これまで提供していたβ版と比べると最大50%安くする。また、GCPのサービス品質保証契約(SLA)を適用し、米国と欧米のマルチリージョンでは99.999%、東京リージョンなどでは99.99%の稼働率を保証する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.