ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年02月05日 11時44分 公開

腎移植患者が自分の腎臓とVR対面

腎移植患者さんが自分の腎臓に会う「Meet the 腎」というプログラムをVRベンチャーが実施した。

[ITmedia]

 VRベンチャーHoloEyesは腎移植患者とドナーが自分の腎臓をVRで眺めることができるシステムを構築。2019年1月22日に東京医科大学八王子医療センターで、自分の腎臓をVRで閲覧する世界初の試みを行った。

photo VR空間の腎臓に抱きつく腎移植患者

 HoloEyesは患者のCT画像から腎臓の3Dモデルを構築し、それを市販のVRヘッドセットでVR閲覧できるシステム「Meet the 腎」を提供した。今回のデモではWindows MRを使用した。日本での腎移植は2017年に1700件以上が実施されている。同社では、患者が腎臓に会うことで移植腎への愛情を深め、服薬維持や生活習慣の改善に結びつけたい考えだ。

photo 患者からの視点から見た腎臓

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.