ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年02月15日 18時14分 公開

学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作

京都市にスマートホームサービスやスマートロックを導入した学生マンションが登場。居住者は鍵の開閉や家電操作をスマートフォンで行える。

[ITmedia]

 学生マンションの開発などを行うジェイ・エス・ビーは2月15日、スマートホームサービスを備えた学生マンション「学生会館 Uni E'meal京都高野」(京都市)の運営を3月15日に始めると発表した。居住者は玄関の鍵の開閉や家電操作をスマートフォンから行える。

photo 完成予想図
photo

 電力量計などを手掛ける大崎電気工業のスマートホームサービス「ホームウォッチ」を活用。専用のスマホアプリ(iOS/Android)を使ってエアコンや照明、玄関のスマートロックなどを操作できるようにした。スマートロックはICカードやパスワードでも開閉できる。家賃は5万8500円〜6万9000円。別途食費や入館金などがかかる。

photo スマホアプリ「home watch」の画面(iOS版)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.