ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年02月27日 16時45分 公開

音を使って眠りをサポートする“仮眠スペース” ヤマハが成田空港で実験開始

ヤマハが音を活用して眠りをサポートする仮眠スペースの実証実験を成田国際空港で始めた。時差ぼけや睡眠不足の人に試してもらい、システムの有用性などを検証する。

[ITmedia]

 ヤマハは2月27日、音を活用して入眠と起床をサポートする仮眠スペースの実証実験を成田国際空港で始めた。同空港のラウンジに2台のプロトタイプを設置。時差ぼけや睡眠不足の人に使ってもらい、システムの有用性などを検証する。

photo ヤマハが開発した仮眠スペース
photo

 仮眠スペースでは、リクライニングチェアで最長30分の仮眠が取れる。体験者が静かに眠れるよう、スピーカーから森林の音や虫の音などを流して周囲のノイズをマスキングする他、リクライニングチェアにはセンサーを取り付け、体験者の呼吸を検知。マスキング用の音声に、体験者の呼吸よりもやや遅いペースの呼吸音を紛れ込ませて流すことで、徐々に呼吸を落ち着かせて入眠を促す。

 アラームにはヤマハの独自技術「インテリアラーム」を採用。ストレスを感じやすい周波数帯の音を最初はカットして徐々に再生帯域を広げることで、すっきりと目覚められるようにする。

photo 仮眠システムについて

 実験期間は2月27日から3月28日。成田国際空港第1ターミナルにある「NARITA PREMIER LOUNGE」で、同ラウンジ利用者を対象に実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.