ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年03月08日 15時45分 公開

「太郎くんは特別だから、40万円にしてあげる」 国民生活センター、「恋愛ゲーム風動画」でデート商法の注意喚起

国民生活センターが「デート商法」への注意を呼び掛ける動画を公開。「実際に自分がデート商法の被害にあっているかのような体験ができる」恋愛ゲーム風動画。

[ITmedia]

 「20歳の男子大学生・太郎くんは、SNSで知り合った女の子・ミチルちゃんとデートに行くことに。仲良くなり彼女の職場へ向かうと『このネックレス、ほんとは80万円なんだけど、太郎くんは特別だから、40万円にしてあげる』と突然勧誘が始まって」――そんな恋愛ゲーム風の展開で、若者を狙った「デート商法」を注意喚起する動画を国民生活センターが3月7日に公開した。

photo 国民生活センターが公開した動画より
photo

 デート商法は、恋愛感情を利用して相手に高額な商品を購入させる悪質商法。SNSやマッチングアプリなどを使ってターゲットの異性と知り合い、巧みな話術で好意を持たせることで、「相手のために買ってあげたい」「断ったら嫌われてしまうかもしれない」といった気持ちを抱かせて勧誘を断りにくくする。

 デートだと思っていたら突然店に連れて行かれ、高額な商品を買わされたり、購入するまで長時間勧誘され続けたりすることもある。国民生活センターによれば、被害者の多くは10代から20代の若者という。

 公開した動画で太郎くんに提示される選択肢は、「ミチルちゃんのためなら買う」「お金がないので断る」「いらないときっぱり断る」の3つ。選択肢ごとに「その後の展開」の動画を用意し、デート商法がどんな手口で行われているかを紹介している。同センターは「実際に自分がデート商法の被害にあっているかのような体験ができる」(国民生活センター)としている。

 動画は現在、国民生活センターのSNS(Twitter:@kokusen_ncac)やWebサイトで配信している。動画のような勧誘があった場合、すぐに契約したりお金を借りたりしないよう注意を呼び掛けている他、被害に気付いたら消費生活センターに相談するよう促している。

photo 3つの選択肢の結末は……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.