ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月03日 15時10分 公開

「Visual Studio 2019」正式版公開 AIが“コードの入力候補”を提示

Microsoftが、統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2019」の提供を始めた。AI(人工知能)がコーディングを支援する「IntelliCode」などを搭載。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月2日(現地時間)、統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2019」の提供を始めた。AI(人工知能)がコーディングを支援する「IntelliCode」や、複数人でコードをリアルタイムに共有し、共同編集できる「Live Share」といった機能を備える。Windows版とMac版を同時リリースした。

photo AIがコーディングを支援する機能「IntelliCode」。文脈に合わせてコードの入力候補を提示する

 IntelliCodeは、AI技術を活用し、文脈に合わせてコードの入力候補を提示したり、問題がありそうなコードの部分を指摘したりする機能。Microsoftが買収した「GitHub」上で公開されている2000のオープンソースプロジェクトのコードを、AIの学習に活用したという。

 Visual StudioかVisual Studio Codeから直接、チームメンバーとリアルタイムで共同編集、デバッグできる機能「Live Share」を標準搭載。この他、Visual Studioを離れることなく、チームからのプルリクエストを確認できる機能も備える。詳しい機能は、日本語版ページで公開されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.