ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年04月03日 16時02分 公開

“認証バッジ”受付停止中のTwitter、ゴーン氏のアカウントは特例で認証

カルロス・ゴーン氏が4月3日、Twitterアカウントを開設した。アカウントには、Twitterが本人と認証したことを示す認証バッジが付いている。Twitterは認証バッジの申請受け付けプログラムを中断しているが、ゴーン氏のアカウントは特例で認証したという。

[岡田有花,ITmedia]

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン氏が4月3日、Twitterアカウント「@carlosghosn」を開設した。アカウントには、Twitterが本人と認証したことを示す認証バッジが付いている。

 Twitterは2017年11月以降、認証バッジの申請受け付けプログラムを中断しているが、社会的に関心の高いアカウントについては、パートナーからの依頼に基づいて特別に認証している。ゴーン氏のアカウントも、ゴーン氏のスタッフから依頼を受け、特例として認証したという。

画像 Twitterは認証の申請受け付けを停止しているが……

 Twitterの認証バッジはかつて、Webサイトから申請することができたが、17年11月、Twitterが差別主義者に認証バッジを提供したとして批判されたため、「認証プログラムを刷新する」として申請受け付けを中断。約1年半経った現時点でも、認証バッジの申請プログラムは再開していない。

 だがTwitterは現在も「パートナーからの依頼に対してごく限定的にアカウントの認証を行っている」といい、「社会的な関心の高さ」によって認証可否を判断しているという。今回、ゴーン氏のスタッフからTwitterのグローバルチームにアカウント認証の依頼があったとし、「ゴーン氏は複数の国で知られる著名人であることから、@carlosghosnを彼のアカウントとして認証した」という。

 ゴーン氏はTwitterで3日、「何が起きているのか真実をお話しする準備をしています。4月11日に記者会見をします」と投稿し、注目を集めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.