ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年04月04日 10時22分 公開

PayPay、URLで送金可能に

モバイル決済アプリ「PayPay」がリニューアルした。新たに、ユーザーID「PayPay ID」を導入したほか、残高の受取用URLを発行し、SNSなどで送信・共有することで、IDや電話番号を知らない相手や、PayPay未登録の相手にも残高を送れるようにした。

[ITmedia]

 PayPay(ソフトバンクとヤフーの共同出資)は4月3日、モバイル決済アプリ「PayPay」をリニューアルした。新たに、ユーザーID「PayPay ID」を導入したほか、残高の受取用URLを発行し、SNSなどで送信・共有することで、IDや電話番号を知らない相手や、PayPay未登録の相手にも残高を送れるようにした。

画像

 PayPay残高の送信する際の検索には従来、相手の携帯電話番号が必要だったが、新たにPayPay IDでも探せるようになった。一度設定したPayPay IDは変えられないため、確実にユーザーを指定できるとしている。

 URLで送金することで、PayPayを登録していない相手にも残高を送ることが可能に。受け取る場合は、PayPayに登録すれば残高を得られる。受け取りを辞退した場合、PayPay残高は送ったユーザーに戻る。

 PayPay残高を送る際にパスコードの設定も可能に。パスコードが付いた残高は、パスコードを入力しないと受け取れない。

 残高を送れるのは、クレジットカードや銀行口座などからチャージした「PayPayライト」のみ。キャンペーンで獲得した「PayPayボーナス」は送付できない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.