ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年04月05日 04時00分 公開

「ラブライブは我々が頂いた!」 人気アニメの公式サイト乗っ取りか 公式「原因究明中」 ドメイン移管された?

人気アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが乗っ取り被害にあっているようだ。

[山口恵祐,ITmedia]

 人気アニメ「ラブライブ!」シリーズの公式サイトが、4月5日未明から正常に表示できない状態になっている。ページを開くと「ラブライブは我々が頂いた!」といったテキストが表示され、別アニメ作品の公式サイトに移動するように仕掛けられている。ラブライブ!の運営チームは「現在原因究明中」としている。

photo ページを開くと表示されるテキスト

 同日の午前2時ごろから、「ラブライブのページが開けない」「表示がおかしい」「ページが乗っ取られた?」といった報告がネット上で相次いだ。実際にページを開くと、本来表示されるアニメ紹介ではなく、以下のテキストが表示される。

「ラブライブは我々が頂いた! 我々がラブライブを入手する際、 手の込んだプログラミングを行なったり、 こっそりとデータを傍受したりする必要はなかった 我々の方法は、移管オファーを行い元所有者が移管オファーを承認しただけだった 元所有者はこれだけであっさりと、ラブライブ!を、我々へと移管してしまった」

photo Googleの検索結果にも「ラブライブは我々が頂いた!」の文字が

 インターネット上の住所にあたる「ドメイン」の情報を確認できる「WHOIS」で、公式サイトのドメイン「lovelive-anime.jp」を確認すると、同日午前1時18分に情報が更新され、ドメイン所有者が本来の「SUNRISE INC.」から別の者に変わっていることが分かった。

 ネット上では、今回のケースは不正アクセスによる乗っ取りではなく、「何らかの形でドメインの所有権が他人に移管されてしまった」「人為的ミスにより、外部からのドメイン移管リクエストを承諾してしまったのでは」との指摘もある。

photo

 ラブライブ!の公式Twitterアカウントは「原因究明中。今後の状況は公式Twitterでお伝えする」としながら、悪意のある仕掛けを施されてしまう可能性があるため、むやみなアクセスは控えるように呼びかけている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.